広州について
    ホーム > 日本語 > 買い物
    北京路
    DATE:2017-02-13 18:18

    幻灯图-03.jpg


    北京路は広州で最も有名な歩行街であり、千年商業都市の広州の発祥地である。現在、政府の計画により、北京路は「国際ビジネス貿易観光地」となっている。 ここでは、広州の老舗デパートと多くの店舗、正統な広州スナック、及び二千年前の文物遺跡、嶺南特色の建築群がある。それは、嶺南文化と現代文明の融合発展を示す観光・休憩のビジネスセンターである。ここでは、道の千年古道、満州ウィンドウを楽しみながら、広州スナックを食べて、様々なブランドファッションと「広州」特色の記念品をゆっくりと選ぶことができる。

    千年古道が盛世の賑やかさを示す

    北京路国際ビジネス貿易観光地は北が広東省財政庁に隣接し、南が沿江路天字埠頭に隣接し、西が起義路に隣接し、東が文徳路に隣接している。全体面積は約1.2平方キロ。ここでは、千年以上の歴史を持つ文物古跡が集まっている。北京路千年古道遺跡、千年古楼遺跡、南越王宮署遺跡、西漢水門遺跡、秦代造船工場遺跡と千年古寺大仏寺を含む。そのうち、千年古道遺跡は歩行街の中心部にある。ここは、広州のストリートショップ賃料が一番高いところであり、人気が高い。ここでは、広州百貨店の本部、新大新百貨店、百貨店、天河城百貨店名盛店、名盛広場、光明広場、五月花広場と合潤広場など大型百貨店会社やショッピングモールが集まっている。歩行街の両側に、多くのファッションブランド専売店と小さな店舗がある。銀座デパート、太白靴業レザータウンには、全て単独な商売人である。そこで買い物をする場合、安売りができる。