広州について
ホーム > 交通 > BRT、市内バスフリーウェイ
BRT、市内バスフリーウェイ
日付:2012-11-11

  広州市交通業は、広州市イメージを最も直接に表すサービス業である。国内外のお客様が飛行機、汽車、バス、船を降りた時に広州の一番美しい印象を残ることを実現するために、広州市交通部は、全力を尽くし、お客様が「気軽に来て、満足的に帰る」ことを実現する。

   既存の82kmのバス専用道路に基づき、2010年2月、広州初のBRTが開通された。この広州BRT実験プロジェクトは、東が蘿崗区開発大道の夏園か ら始まり、黄埔東路に沿って西へ、中山大道を経由し、2010年広州アジア大会の主な体育館の一つである天河スポーツセンターに到着し、全長229キロ で、現在26ヶ所のバス駅がある。改善し続けることを通して、BRTは、「必然的に通じる」バスフリーウェイとなっている。

  アジア大会 期間に、広州市交通委員会は、広東オリンピックセンターなど15ヶ所の競技会場周辺に43本のアジア大会臨時バス線路や9本の地下鉄駅バス線を開通し、バ ス1000台以上を投入し、バスと地下鉄のシームレスな対応を実現し、交通の憂いを解消する予定である。遠来のお客様はレジャー時にこの四方八方に通じて いる交通網を利用し、広州市の大通りや路地を遊覧し、名所旧跡を巡り、本場の広州美食を食べることができる。