広州について
ホーム > 景勝地 > 白雲山

景勝地

白雲山
日付:2012-11-19

白雲山は広東の名山の一つであり、「羊城第一秀」、「南越第一山」と呼ばれている。白雲山を登ると、広州市を見下ろし、珠江を遠望することができる。雨後の晴れまたは晩春に、山間の雲がまつわり、白雲山の名前の由来となる。風景区に7つの観光エリアがある。そのうち、「蒲潤源泉」、「白雲晩望」など観光地は曾て「羊城八景」の一つだった。

交通:地下鉄5号線淘金駅。タクシーを乗り換える(約11元)。