広州について
ホーム > 景勝地 > 愛群ビル

景勝地

愛群ビル
日付:2012-11-19

愛群ホテルは建築スタイルがユニークで、20世紀30年代に曾て広州建物のトップとなった。当時、「広州高層ビルの新しい時代を開く」と呼ばれ、最新、完備、豪華な設備で有名で、国内外で大きな影響を持ち、「南中国の王冠」と呼ばれている。

20世紀50年代~60年代初め、この高級ホテルは広州の特徴の一つであり、外国関連活動の重要な場所だった。

交通:地下鉄2号線海珠広場駅A出口。